お知らせ&コラム
Column

「ロマン派」「ロマン主義」が登場してきたのは、ベートーベンのあたりからです。
「ロマン」という言葉は日常でも使われる言葉ですが
よくよく考えると、意味のわからない言葉でもありませんか?

たとえば、女の子が「ロマンチックな恋がしたいわ」というときのロマンと
秘境に探検に行く男が「これが男のロマン」というときのロマンでは
すこし隔たりがあるように思うのです。


「ロマン」のおおもとの意味は、何かご存知でしょうか?
じつは「ローマ的」といったニュアンスを含んでいます。
ローマとは、皆さんがよくご存じの古代ローマ帝国。
当時のローマ帝国には、大きく分けて2つの言語がありました。
ひとつはラテン語。公用語であり、知識階層が使っていた言葉とされています。

もう一つは、ロマンス語。これは庶民が使っていた言葉で
ロマンス語によって書かれた物語が「ロマンス」と呼ばれるようになったわけです。



このようにして、ロマンスは庶民向きの、エンターテイメント小説のことだったのです。
ここから、ロマンス語でなくても、庶民的な娯楽のために作られた物語を
「ロマン」と呼ぶようになったのです。

「ロマン」が「ロマン派」や「ロマン主義」になるのは
18世紀末から19世紀にかけてのこと。
フランとドイツのロマン主義を比べると、そのニュアンスは少し異なりますし
音楽と文学、そして美術のロマン主義も、微妙に異なります。

音楽に的を絞り、ロマン主義音楽を一言で端的にいいますと
それは「自由な音楽」とあらわすことができます。
古典派の時代は形式が重視されていましたが
そこから自由になり、作曲家それぞれの完成が重視されるようになりました。


「T&N企画」では、クラシックをはじめ、さまざまな音楽の
コンサートやライブ、イベントの企画・運営をおこなっております。

お問い合わせはこちらから


Column

作られた時代によって、クラシック音楽は雰囲気がそれぞれに異なるものです。

大きく分けて「バロック」「古典派」「ロマン派」などの時代に区分されます。
それぞれの時代の特徴を見ていきましょう。


バロック


17世紀初頭から18世紀半ばくらいまでの音楽。
この時代では、J・S・バッハやヘンデルが有名で
当時の著名な作曲家は、そのほとんどが宮廷のお抱え音楽師か
協会のカントル(音楽監督)もしくは、オルガニストでした。

そのような時代背景で、貴族趣味風の軽やかで華やかな音楽や
オペラ、厳粛な宗教音楽などが多く残されています。


古典派


18世紀半ばから19世紀初頭くらいまでの音楽。
この時代の代表は、ハイドン、モーツァルト、ベートーベンです。
18世紀末のフランス革命以降は、これまでの貴族全盛時代が傾き
市民階級にも音楽が浸透していきます。
とはいえ、まだ貴族の庇護はのこり、作曲家たちもそれを無視できる存在ではなかったようです。

この時代には、交響曲や協奏曲、弦楽四十奏曲やソナタといった
現在にも残る音楽形式が成立しました。


ロマン派


19世紀初頭から20世紀前半くらいまでの音楽です。
多くの作曲家がそれまでの音楽的慣習の枠を超えようとし
文字通りロマンを求めた時代といえます。

代表的な作曲家は、シューベルト、シューマン、ショパン
ワーグナー、ブラームス、チャイコフスキーなど。
時期によって、その作風は大きく異なっているのも特徴です。


「T&Ǹ企画」では、クラシック音楽をはじめ
さまざまなジャンルのコンサート、ライブ、イベントの企画・運営をおこなっております。

お問い合わせはこちらから




Column

若い世代はなかなかクラシックに触れる機会が少ないです。
クラシックコンサートのチケットを購入して、会場に足を運べば良いですが、料金も高く、なかなか敷居が高い現状があります。


「もっとクラシックを知ってほしい」、「生演奏を聴いてほしい」ということでしたら、演奏する場所をコンサート会場だけに特化する必要はありません。


音楽を目的に集まっていない人向けの商業施設やカフェ、レストランなどで音楽に触れて、そこからクラシックの魅力にハマる人もいます。


つまりチャンスさえあれば、クラシックはさらに多くの人の共感を呼ぶ魅力的なコンテンツです。


そのためには舞台が必要。
クラシックを多くの人に聴いもらいたいなら、イベント企画会社に依頼し、場所の提供を受けることがお勧めです。


例えばおしゃれなカフェやバーなどで演奏するだけでも音色が綺麗に、そして幻想的な印象を与えます。
それをきっかけにクラシックのコンサートにも行ってみたいなという若者も増えてきます。


まずはイベント会社に相談し、どんな場所で演奏できるか検討してみましょう。
自分では、伝手がないとなかなかコンサート開催にまで至りません。
企画会社に相談すると良い提案を受けることがあります。


お問い合わせはこちら


Column

「ピアノを極めたので演奏会に参加したい!」
ギターを極めたので披露する場所が欲しい」
バンドとして力を付けたのでコンサートがしたい」


こういった気持ちがあると、次は場所ですね。
ただ、実際問題どこでその技術を披露するのかというと、なかなか難しいところ。
まだ知られていない人ほど、そういった出演場所が得られないからです。


コンサート会場やライブハウスなどに申し込みしても、門前払いのような形で受け付けてくれない事も多いです。
かといって公共機関などで演奏しようとすると規制がかかり、撤退するよう注意されてしまうこともあります。


そこでお勧めの方法はイベント、コンサート企画会社に依頼する方法。
そういったところなら伝手もありますし、若手のミュージシャンや演奏家を多数抱えているため、多くの人にチャンスを与えてくれます。


自分だけでは到底確保できないであろう、大きな会場で演奏することもできます。
例えばアリーナ、ホールなど数千人規模の会場で演奏できる可能性があります。


音楽の力だけでなく、そのチャンスをどれだけ得られるかも今後のカギを握ります。
音楽以外のところで時間が掛かったり、苦労するのはもったいないです。
そういったことはイベント企画業者に依頼しましょう。


お問い合わせはこちら